稱意

※この辞書は管理人のメモ書きのようなものです。

「意にかなう」と読む。稱は称の旧字。称には「重さをはかる」という意味があり、そこから「釣り合う、相応する」「適合する」という意味が生じて「意にかなう」という表現が生まれたか。『漢辞海』が引用する説文によれば、稲を使って長さや重さを量ったので、「重さをはかる」という字にのぎへんが付いているのだという。

SATで検索する限り、「稱意」の用例は多く見られるが、「称意」の用例は一つも無い。「称」の字はあまり古くないのであろうか。