天子

※この辞書は管理人のメモ書きのようなものです。

Deva-puttaの訳語で、「天の一族」ぐらいの意味。devaが天、puttaが子息を意味する。仏教における「天」は現代語で言うと「(多神教の)神さま」ぐらいの位置づけの存在である。

阿含経では天が出る場合に大きく分けて2タイプあり、1つ目に「偈頌」と関係する経典で天は登場する。2つ目に、偈頌と関係なく天が神通力を発揮する物語で天は登場する。前者の場合の天は、見た目が優れていてキラキラしているという描写があるぐらいで、特に神通力などを発揮しないのが特徴である。