五蘊

解説

※この辞書は管理人のメモ書きのようなものです。

「ごうん」と読む。サンスクリットではpañca skhandhaと言う。五つのかたまりという意味である。

五つとは、

  • 色(いろ) Rūpa
  • 受(じゅ) Vedanā
  • 想(そう) Saññā
  • 行(ぎょう) Saṅkhārā
  • 識(しき) Viññāṇa

の五つを指す。生き物が愛欲したりする代表的な対象を並べ上げた言葉である。このサイトの翻訳では、色(=ものの姿)、受(=感受されたもの)、想(=構想されたもの)、行(=集めて作ったもの)、識(区別して作ったもの)と理解して翻訳している(※ただし経典の時代によって意味の変化があると思われる)。

漢訳では主に色受想行識と訳されるが、他にも色々な訳が存在する。見つける度にそれはここにメモしておこうと思う。

 

他の辞書の記述

  • DDB(ユーザーIDをguestにすれば無料で利用出来ます)
  • 一行仏学