四十二章経 序文

四十二章經

後漢西域沙門迦葉摩騰共法蘭譯

<序>

昔、漢の孝明皇帝は夜に夢で神人を見ました。身体には金色があり頭には日光がありました。殿の前を飛んで、(それを見た孝明皇帝には)喜びの思いが生じて、はなはなだこれをうれしがりました。翌日、家臣たちに質問しました。「これは何の神だろうか?」。通訳者の傅毅という人がいて、言いました。「わたくしめが聞きましたところによると、竺では道を得た者はブッタと呼ばれて、軽々と飛び上がり飛行することができるそうです。ほとんど陛下のご覧になったその神です。」

ここで皇帝は理解して、すぐに使いを派遣しました。張騫羽林中郎は秦景博士の弟子である王遵ら十二人を率いて、大月支国に至りました。そこで仏典四十二章を写し取って、十四番目の石箱の中で立塔の寺を起こしました。まさにこのとき道の教えが(はじめて)流布したのです。

色々な場所に仏寺を立て、遠くにいた人々も教化に服して、『どうか家臣にしてください』とお願いする者が数え切れないほどでした。国の中は清らかで安寧となり、心ある生き物は恩をこうむり利益を受けました。これは今も絶えておりません。

昔漢孝明皇帝。夜夢見神人。身體有金色。項有日光。飛在殿前。意中欣然。甚悦之。明日問群臣。此爲何神也。有通人傅毅曰。臣聞竺。有得道者。號曰佛。輕擧能飛。殆將其神也。於是上悟。即遣使者張騫羽林中郎將秦景博士弟子王遵等十二人。至大月支國。寫取佛經四十二章。在第十四石函中。登起立塔寺。於是道法流布。處處修立佛寺。遠人伏化願爲臣妾者。不可稱數。國内清寧。含識之類。蒙恩受頼。于今不絶也。

  • 傅毅:人の名前。後漢時代の人物。先行研究によれば孝明皇帝の世代だと傅毅は年が若すぎて宮廷に出仕していたとは考えられないという。
  • 殆將:「ほとんどまさに~である」。この場合は殆も將も「そば」という意味。
  • 張騫:人の名前。前漢時代の人物。ここでは後漢の孝明皇帝が派遣したことになっているが、時代があっていないことが先行研究で指摘されている。。
  • 含識之類:「有情」と同じ意味である。つまり「心ある生き物、動物」のこと。他に同様の訳としては、「是名毘婆尸 利益諸含識」(『佛説七佛經 (No. 0002 法天譯 )』)「唯尊能度諸含識」(『佛本行集經 (No. 0190 闍那崛多譯 )』)などがある。
  • 受頼:「頼」は『漢辞海』では「利益、もうけ、好都合の点」という名詞の意味を第一義に出している。この場合も「利益を受ける」の意味で理解出来る。魏晋南北朝時代の翻訳ではあまり見ない用法であると思う。
  • 誰の記した序文であるか書いていないが、『出三蔵記集』を記した僧祐の『弘明集』には後漢の仏教論者牟子(ぼうし)が述べたことだとしている。「問曰。漢地始聞佛道。其所從出耶。牟子曰。昔孝明皇帝。夢見神人。身有日光飛在殿前。欣然悦之。明日博問群臣。此爲何神。有通人毅曰。臣聞竺有得道者號曰佛。飛行虚空。身有日光。殆將其神也。於是上寤。遣郎蔡愔羽林郎中秦景博士弟子王遵等十八人。於大月支。寫佛經四十二章。藏在蘭臺石室第十四間。時於洛陽城西雍門外起佛寺。於其壁畫千乘萬騎繞塔三匝。又於南宮清涼臺。及開陽城門上作佛像。明帝時豫修造壽陵曰。顯節亦於其上作佛圖像。時國豐民寧遠夷慕義。學者由此而滋」

序文の続き(1~10の現代語訳はこちら)11~20の現代語訳はこちら

四十二章経 序文」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です