雑阿含経8. 五蘊の三世無常

原文と翻訳

(八)如是我聞。一時佛住舍衞國祇樹給孤獨園。爾時世尊告諸比丘。


Saṃyutta Nikāya 22  1. Nakula­pi­tu­vagga

9. Kālat­ta­ya­anicca­sutta
Sāvatthi­nidānaṃ.

このようにわたしは聞きました。あるとき仏は舍衞國の祇園に住んでおられました。そのとき世尊は比丘たちに告げました。

過去未來色無常。況現在色。聖弟子。如是觀者。不顧過去色。不欲未來色。於現在色厭離。欲正向滅盡。


“Rūpaṃ, bhikkhave, aniccaṃ atītānāgataṃ; ko pana vādo paccuppannassa. Evaṃ passaṃ, bhikkhave, sutavā ariyasāvako atītasmiṃ rūpasmiṃ anapekkho hoti; anāgataṃ rūpaṃ nābhinandati; paccuppannassa rūpassa nibbidāya virāgāya nirodhāya paṭipanno hoti.

「過去・未来の色もののすがたは無常である。ましてや現在のもののすがたはそうである。聖なる弟子はこのように観察して、過去のすがたを顧みず、未来のすがたを欲せず、現在のすがたを厭い離れる。(そして彼の)欲はまさに滅尽に向かう。」

如是過去未來受想行識無常。況現在識。聖弟子。如是觀者。不顧過去識。不欣未來識。於現在識厭離。欲正向滅盡。」


Vedanā aniccā … pe … saññā aniccā … saṅkhārā aniccā atītānāgatā; ko pana vādo paccuppannānaṃ. Evaṃ passaṃ, bhikkhave, sutavā ariyasāvako atītesu saṅkhāresu anapekkho hoti; anāgate saṅkhāre nābhinandati; paccuppannānaṃ saṅkhārānaṃ nibbidāya virāgāya nirodhāya paṭipanno hoti. Viññāṇaṃ aniccaṃ atītānāgataṃ; ko pana vādo paccuppannassa. Evaṃ passaṃ, bhikkhave, sutavā ariyasāvako atītasmiṃ viññāṇasmiṃ anapekkho hoti; anāgataṃ viññāṇaṃ nābhinandati; paccuppannassa viññāṇassa nibbidāya virāgāya nirodhāya paṭipanno hotī”ti.

「同様に過去未来の受(=感受されたもの)・想(=構想されたもの)・行(=集めて作ったもの)・識(=区別して立てたもの)はそれぞれ無常である。ましてや現在の識はそうである。聖なる弟子はこのように観察して、過去の識を顧みず、未来の識を欲せず、現在の識を厭い離れる。(そして彼の)欲はまさに滅尽に向かう。」と。

如無常苦空非我。亦復如是。


対応なし(ただしSN22.10,22.11あり)。

無常と同じ様に、苦・空・非我についても同じことが言われました。

時諸比丘聞佛所説。歡喜奉行


対応なし。

そのとき比丘たちはブッダの説かれたことを聞いて、喜び承りました。

コメント

「不顧過去色」(過去のものを顧みず)、「不欣未來色」(未来のものをこいねがわず)というフレーズは中々にかっこいい。

過去にあったものも未来にあるであろうものもみな無常であり、ましてや現在のものはいつも姿を変えている。そのことに気づいたとき、「かつてはああであった」「将来はこうであるはずだ」ということにあまり囚われなくなる。このようにして貪欲が滅びるのだと教えている。

パラレル

(翻訳)

9. Kālattayaaniccasuttaṃ

9. Sāvatthinidānaṃ. ‘‘Rūpaṃ, bhikkhave, aniccaṃ atītānāgataṃ; ko pana vādo paccuppannassa! Evaṃ passaṃ, bhikkhave, sutavā ariyasāvako atītasmiṃ rūpasmiṃ anapekkho hoti; anāgataṃ rūpaṃ nābhinandati; paccuppannassa rūpassa nibbidāya virāgāya nirodhāya paṭipanno hoti. Vedanā aniccā…pe… saññā aniccā… saṅkhārā aniccā atītānāgatā; ko pana vādo paccuppannānaṃ! Evaṃ passaṃ, bhikkhave, sutavā ariyasāvako atītesu saṅkhāresu anapekkho hoti; anāgate saṅkhāre nābhinandati; paccuppannānaṃ saṅkhārānaṃ nibbidāya virāgāya nirodhāya paṭipanno hoti. Viññāṇaṃ aniccaṃ atītānāgataṃ; ko pana vādo paccuppannassa! Evaṃ passaṃ, bhikkhave, sutavā ariyasāvako atītasmiṃ viññāṇasmiṃ anapekkho hoti; anāgataṃ viññāṇaṃ nābhinandati; paccuppannassa viññāṇassa nibbidāya virāgāya nirodhāya paṭipanno hotī’’ti. Navamaṃ.

雑阿含経8. 五蘊の三世無常」への1件のフィードバック

  1. 最近ですがこちらのサイトに辿り着き、拝見しております
    ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です